酒を飲まないようにするには、準備99%、現場1%

酒を飲んでしまうという習慣を変えるには、習慣を「量と頻度」と定義しなおして、それをブレークダウンして減らせるところから減らすのが、一番効果的だろう。

スーパーマリオランを口述音声入力しつつプレイするとこうなる。

私本日はここでプレイするのをやめます。ありがとうございました。

みくりさん、というかガッキーを嫁にできるエンジニアには、もっと高みを目指していただきたい

「ソフトウェア・エンジニアはガッキーを嫁にできる」という錯覚、いや幻想を甘いチョコレート包みにしてクリスマス前の心締め付けられる12月の寒空に振りまいて。

ピボットよさらば

真に驚くべき証明を発見したが、ここに記すには余白が狭すぎる。

ピボットの冒険

ピボットを選ぶことは、感情としてはもっとも辛くない、という気がしている。

あの日見た水のくじ当選の意味を僕たちはまだ知らない

今、ファミリーマートの2リットルの水のペットボトルについている、当たればお菓子がもらえるくじ。私の中での通称は、水のくじ。 当たった...!! 6回めのくじで、ついに当選を引き当てた。 先日の記事で、私が立てた当選確率の予測は10%程というものだった。…

病める時も健やかなる時もプロは逃げない

わずかな確率の差の積み重ねが作れるかどうか。ここが、プロとアマを分ける要因。

結局最後は赤ちゃんイノベーションに行き着いた

赤ちゃんをみんなで育てる文化を高く評価して、それが実現される社会を作るのがめちゃくちゃ大事。それがイノベーションを生む土壌の原点。

いつも赤ちゃんとギバーの関係がそばにあった

赤ちゃんに接し、育てることで、人はギバーの素質が開花する。

赤ちゃんがキュートすぎる件について

泣いて笑って、助けてもらうことは、赤ちゃん自身の生存という利益を越える何かが?

初心者による初心者のためのブログのテーマ入門

掛け算で、ディープな話を紡ぎ出せるのではないか?

世界を変える化する世界

奇妙に、持ちつ持たれつの関係で、世界は変わっていくのかもしれない。

諸君 私は水のくじが好きだ

当たりの確率は何パーセントだろうか。

きゅうりスティックからの伝言

「きゅうりスティック」と「ヒューリスティック」が似てる。

21世紀の酒を飲まないこと事情

会食の時に、酒を一滴も飲まないというのを、実践するのもありかと思っている。

10分で理解する契約結婚

契約結婚からの結婚というのは、生存戦略としても、幸せになる戦略としても、見事だ。

コミュニケーションが止まらない

私たちの多くは、なぜ奇妙なコミュニケーションに「破綻」を感じることがないのだろうか。