スーパーマリオランを口述音声入力しつつプレイするとこうなる。

f:id:startselect:20161217033449j:plain

今日は何を書こうかと思ったがネタが思いつかないので今日 iOS でローンチされたスーパーマリオランの口述音声入力のブログを書こうと思う。 (*1)

利用規約をざっと読んだところ画面中のキャプチャーなどを写真や映像としてアップロードすることはよろしくない可能性があった。しかしどうやって体験した様子を伝えようかと思ったのだが今から iPhoneスーパーマリオランをプレイするのと同時に Android を使って音声認識入力で その様子を喋って記録していこうと思う。 安全策を取って写真はフィギュアである。

なおすでにこのブログは本日音声入力でほとんど書いている。お見苦しい点はご了承ください。

とりあえずスーパーマリオランをインストールして最初のチュートリアルが終わって最初のステージデータのダウンロードが終わったようである。画面ではキノピオがこんなことを言っている。
「大変です。ピーチ姫がクッパにさらわれました。キノピオはみんな逃げ出してお城もめちゃくちゃ。どうすればいいのでしょう?」
またかよ。またさらわれたのかよ、ピーチ姫。もう完全にコンビ芸だろ、クッパとの。そしてキノピオって一人じゃなかったんだ。いっぱいいたんだ、知らなかった。
次に行こう OK。

ワールドツアーってなんだワールドツアーとは。
キノピオが、「ピーチ姫がクッパ城に捕まってるはずです、早く助け出してください。お願いします」とのたまうが、それは知ってるよ。

ワールド1-1を選んで、ハイ、スタート。飛んで登って乗り越えて動いた動いたキノコが出た。なるほど、小さい段差は、便利なことに何もしなくても、あの クリボー程度だったらば 何もしなくても 乗り越えてくれるんだな。でも一時停止ブロックに乗ると止まるんだ。一応、このゲームは制限時間があるんですね。なるほど。ゴールの旗を掴み損ねた。コースクリア聞き覚えのある音楽が流れましたね。なるほど 倒した敵の数がクリアすると発表されるわけですね。

1-2に進めます。やっぱり地下ステージなんですかね。
戻れない。コインがいっぱい取れる。ご存知の方も多いかもしれませんけどスーパーマリオランは勝手に前に進むんで 、ほぼ何もしない。壁をキックしても、戻れないのは割とストレスフルな気もしますけどね。
滑り降りて 雑魚を蹴散らす。これはいつも同じですね。後ろへ戻れないから、これどうしようもないじゃん。進むしかない。なんかもうから後ろから見えない力で押し流されてる人って感じですね、このマリオ。
ドカン入ってしまうどうしようと、いやあ、壁を蹴って忍者のように進んでいくわけですけども。1回のコースのプレイでピンクコインを5枚全て集めると新しいカラーコインの配置で遊べるようになります とのこと。

続いては1-3。ここは空中が多いですね。めんどくさいパターンですね。いやーこれ絶対死ぬパターンですね。デカキノコが取れた。今んとこまだ死んでませんけど。
なんか明らかに敵に当たりそうで当たらないこの感じが強いですね。加速したかと、加速したわけじゃないのかが、よくわからない。やっぱりずっと動きっぱなし、っていうこの微妙な操作感覚がどうしても慣れないっすね。落ちそうになっても壁キックができるから意外と死なない。 あっ、死んだ。死んでも、こうバブルになって戻るだけなんですね。ぬるいですね。いいけど。このステージ意外と簡単に終わりました。落っこちても、死んだことにならないのはいいんだか悪いんだかって感じですね。

さあワールド1最後のお城ステージに入ります。1-4以降プレイするには、ワールドの購入が必要です。1200円で買えと。全6ワールド購入1200円。ちょっとここで買うのは厳しいですね。特定商取引法に基づく表示を見ます。返金はお受けできません。そらそうですよね。私本日はここでプレイするのをやめます。ありがとうございました。

ということで開始数分で1200円のロック解除を要求されたので止めてしまた。そういう人がどれくらいいるのだろう。


*1 supermariorun.com