読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことばをひらき、ことばをまつ。

すこし、かわったことをしたい。

ことばをつづるときに、漢字をそのままにせず、ひらがなやカタカナにかえること。
そして、やまとことばをえらぶこと。

そのおもしろさを、かんがえたい。

まずはじめに、このブログをかくあそびをいっしょにたのしんでいるメンバーのひとり、エムさんのことばをおかりしたい。

言葉をひらく、とじるだけで、文章の印象が大きく変わる

これをよんで、ハッとした。

ことばをひらく。

それまでわたしは、漢字をつづけざまにつかう、カクバったことばえらびが、ごくあたりまえのことだとかんじていた。
むしろ、漢字でかけることばなら、そうかかないのは、ミスやもれにみえてしまうのではないか、くらいのことをおもっていたかもしれない。
じぶんのことばのつかいかたを、うたがうことがなかった。

でも、こんかいのブログをかきつづけるゲームがキッカケで、すこしはなれたところから、みずからのことばをみつめるということが、わたしにおきはじめていた。

ブログをかいて、それをナカマにみてもらって、コメントやフィードバックをもらって、またかんがえては、かく。

なにをかいているか。
どんなかきかたをしているか。
だれにむけてかいているのか。

そのくりかえし。
なにか、いままでみていなかったものへのきづきがうまれていた。

という、ちょうどそのタイミングで、さきほどのエムさんのことばえらびへのおもいをきいて、カミナリがはしった。

ことばをひらく。ことばをとじる。

そのときにようやく、きづいたことがあった。
これまで、こころがじんわりするなぁ、グッとくるなぁ、とおもったことばたちというのは、じつにみごとに、ひらいたり、とじたりを、くみあわせてつむがれたものだった。

私は、人と話す中で、
「なぜこの会社に入ったの?」
という質問のほかに
必ず訊くことがもうひとつあって、それは、
「いままでやってきた仕事の中で
 いちばんおもしろかったことってなに?
 いちばんつらかったことってなに?」
ということなんですね。

(*1)

ひらかれた、ことば。
みえかたも、かんがえぬかれて、ことばがつむがれている。

あまりになめらかなことばのながれで、わたしはそれをつむいだひとの、たくみのワザにきづけなかった。

ビックリした。ながらく、きがつかなかったことに、すこし、ションボリもした。
けれど、そのワザをみにつけたい!と、つよくおもった。

そのあとは、こころがけて、ことばをつかってみている。
漢字をえらべるところでも、ひらがなでかく。
また、なるべく、やまとことばをえらんでみる。

それをすると、おもしろいくらい、ことばのフインキがかわってきた。

そして、ブログのゲームもついにのこり11にちになった、きょう。
このかきかたに、とりくんでいる。

ルールは1つ。
「漢字」ということばだけ、漢字をつかってよい。ほかはナシ。
あと、だれかのことばをかりるときも、漢字をつかってよい。

ということで、ここまでかいてみた。

これをやってみると、いかにわたしのアタマは、カタいことばをえらびたくなるのかということにきづく。
いきなりうかぶことばを、ヨコにどかして、ほかのことばがうかんでくるのを、じっとまっている。
そこからかきだすので、つづるのはとてもゆっくりしたペースになる。
きわめて、ふしぎなキモチがしてくる。

けっして、ラクではない。さすがに、あすからはやらないとおもう。

だが、とてもアタマをひねるあそびなので、いちどやってみるのは、アリかもしれない。

ことばをひらく。
ことばをとじる。
ことばをどかす。
ことばをまつ。

ところで、ひらがなだらけだと、むかしのドラクエみたいだね。

f:id:startselect:20161222074205p:plain


*1

ほぼ日刊イトイ新聞 - 星空の下の仕事観。