Personality Insightsのインパクトに驚き、励まされる

為末大さんがツイートしていた。 (*1)

「Personality Insights」というIBM Watsonを使った性格推定プログラムが面白い。 (*2)

自分のTwitterアカウントをOAuth認証して全ツイートを読み込ませることで、ツイート量にもよるが、かなり精度高く性格を判定してくれるのだという(為末さん曰く)。

私も自分のTwitterを分析してみた。

f:id:startselect:20170730074441p:plain

だそうな。

当たっているなと思って驚いた。 私のTwitterには、かなり私らしさが含まれていて、そこから構築される私像は、とても私に近い。 むしろ、私がこうでありたい、そう思っていてまだなかなかできていなところまでも、この分析は言い当てている。面白いもので、そう分析されるのであれば、そういうふうに振る舞おう、という意欲も高まってくる。これはとても良いことに思える。 実際の私はそこまで自信がない。でも、自信がないという演技をしてしまっていることで、うまくいく可能性ある物事をうまくいかなくしてしまっていることに最近気づいた。ここは変えていきたいと思っている。だから、これから時間がたってTwitterがそこまで変わらなくても、私の振る舞いが変わっていく可能性はあるんだと思う。

ちょっと分析が外れていることもあるけれど。もちろん。 衣服を買うときには品質よりも価格を優先しているし(笑)、ドラマ映画というのがヒューマンストーリーを指すならば、けっこうそういうのは好きだ(面白ければ好きなのである)。

ビッグファイブと呼ばれるパーソナリティ特性、欲求志向、価値についてはこうなっている。

f:id:startselect:20170730074502p:plain

それぞれ、知的好奇心、好奇心、変化許容性が集団の中で相対的に高い(相当に)ということが分析結果として出てきている。これについて、納得。

f:id:startselect:20170730074745j:plain

そもそもWatsonとは? ソフトバンクが紹介しているサイトより引用。

BM Watsonは、米IBM社が開発した認識、学習、そして経験によって人が世界を理解するような方法を手がかりにした、コグニティブ(認知)・コンピューティング能力を世界で初めて商用化したサービスです。

(*4)

IBM Watsonについては、正直いままで果たしてどんなものかよくわからんなと思っていた。だが、今日こんな手軽に自分のテキストからの性格分析ができてしまい、基本的によく当たっている、私自身で自分を分析するよりも的確だということを目の当たりにして、だいぶ考えが改められた。IBMさん、すいませんでした。

ソフトウェアを活用して、人が自分の認知を適切なものに寄せていったり、それを活かした仕事に就く、というのは、どんどん当たり前になるだろうし、そうあるべきだと思う。


*1

*2

Personality Insights

*3

*4

www.softbank.jp